ひぜんびーどろ -そえじまがらすこうぎょう-

肥前びーどろ ‐副島硝子工業‐

江戸幕末期に佐賀藩の精錬方で、ガラス窯を築き実験器具を作ったのが始まりとされる。藩の解体により民間会社となった精錬所から、明治36年に副島源一郎が独立し「副島硝子工業」を設立。…

詳細を表示