与賀神社
よかじんじゃ

ファイル

タイトル

与賀神社

よみ

よかじんじゃ

説明

佐賀県佐賀市与賀町にある神社。564年の創建とされ、與止日女神を主祭神とする。鎌倉時代には「与賀庄鎮守宮」として祀られていた。室町時代後期に、大内氏に追われ佐賀に落ち延びてきた少弐政資が、社殿を再興し楼門を造立した。その後、少弐氏、高木氏、龍造寺氏、鍋島氏と歴代領主から崇敬を集めた。現在の社殿は、1758年に佐賀藩主の鍋島宗教(6代)・重茂(7代)父子によって造営されたものである。
★4K映像を視聴する場合はコチラ⇒与賀神社【4K映像】

指定文化財等

■国の重要文化財「与賀神社楼門」(1913年4月)
■国の重要文化財「与賀神社三の鳥居及び石橋」(1970年6月)
■国の登録有形文化財「与賀神社本殿・幣殿・拝殿」(2013年6月)
■佐賀県天然記念物「与賀神社の楠」(1965年7月)

キーワード

佐賀市,与賀町,神社,肥前鳥居,楼門,大楠

作成者

写真:西田宗一郎(佐賀大学 芸術地域デザイン学部)
動画:西田宗一郎

撮影日

2017年11月

場所

佐賀県佐賀市与賀町2-50

タイプ

静止画&動画

地図

カテゴリ

登録日

2018年4月3日

権利